FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト スポンサー広告

遊廓街

 戦前、男たちは『遊廓』と呼ばれた色街で遊女や娼婦を相手に一時の快楽を楽しんだ。遊廓の歴史は古く江戸時代初期まで遡るが、現在、そうした街の大半がソープ街に変貌し、往時の面影はない。

遊廓街
※かつて遊廓があった所は大門という名がつく所が多い。

 しかし、今なお、遊廓時代のなごりを残しているところもある。それが一般に『新地』と呼ばれる街で、西日本に数多く見られる。

 大阪の飛田新地、松島新地、尼崎市のかんなみ新地、和歌山の天王新地、名はの栄町には、風情溢れる小料理屋や料亭、旅館風の建物が並び、客は軒先に立って女性の容姿を実際に見て選び、個室で遊ぶ。

 一方、横須賀の安浦、豊橋の有楽町、京都の五條楽園、生駒の宝山寺、大阪の滝井新地、今里新地、信太山新地、高知市の玉水町にも同じような建物が並んでいるが、肝心の女性は置屋に待機しているため、実際に見ることはできない。客引きのおばちゃんに好みを伝え、部屋に呼んでもらう趣向になっている。

飛田新地
※画像は飛田新地です。

 現在、遊女のような専業の女性はおらず、ごく普通の女性がアルバイト感覚で働いている、飛田新地には20代の若い子もいるが、一般的に30~40代の女性が主流だ。

 遊ぶ時間は15~30分と短く、料金も5000円~1万5000円程度。こうした街がちょんの間と呼ばれる由縁はここにある。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

遊廓街 遊廓街いまの姿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。